マーケティングにおけるリスクリバーサルの本当の意味は?



 

マーケティングの分野で商品を販売するときに用いられる概念として、リスクリバーサルというものがあります。

 

それって一体何なのか?

 

例えば、検索上位で出てきたこの記事だと

【リスク・リバーサル】
見込み客やクライアントが、商品に対して期待している成果を保証し、購入に対する金銭的・心理的なリスクを取り除くことで、スムーズに購入へと導くこと。

…というふうに書いてあります。

 

つまりは、なんらかの商品・サービスを購入する際に、「満足いただけなければ全額返金します」みたいな保証をつけるってことですね。

 

で、こういう話を聞いて、響きのかっこいい名前がついているわりには、意味としては”保証”と同じだなんて、なんだか拍子抜けするなあとか思ったしたのは僕だけでしょうか。

それに”risk reversal(リスクを反転させる)”という言葉の割には、リスクがゼロになっただけで、それって反転しているのか?って疑問を感じてしまうんですよね^^;

マイナスのものが反転するわけなので、ゼロになるんじゃなくて、プラスにならないとダメなんじゃないかなって個人的には思うんです。

 

だから、さっき例に挙げた「満足いただけなければ全額返金します」という文言に加えて、

「その場合、本来〇〇万円で販売されている商品を無料で商品を手に入れることができたので、この提案はあなたにとってメリットしかありません」

みたいな文言まで加えないとリスクがリバーサル(反転させること)されてないんじゃないでしょうか。

 

ネットで検索する限りでは、反転させるのではなくて、ゼロに戻しているだけの解説しか存在してないように見えたのですが、本来の意味としては、どっちなんでしょうね。

日本語訳される過程で、反転の要素が抜け落ちたのか、もともとそういう意味はなかったのか。

 

いずれにせよ、ゼロに戻すのではなく、リスクをプラスに反転させた表現の方が、成約率が上がったりするのかも?なんて思ったりしたので、また今度、機会があれば試してみようと思います。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください