読み終えた本をゴミ箱に捨てる人に出会った話



 

昨日は、部屋の模様替えをしました。

 

引っ越しするわけじゃないので、それほど時間がかかったわけではないものの、

あらゆるものの配置を変えまくったので、想像以上に大変な作業でした。

 

結局、模様替えの作業以外は、疲れて何もできなかったくらいです。

 

やっぱり、慣れないことをするのは疲れますね。

だから、こうやって日々文章を書いて、速く書く練習もやっておかないとダメだな、改めて思いました。

 

 

あと、とにかく本が重いんですよね。

 

最近は、なるべく電子書籍を買うようにしているんですが、中古の本だと電子書籍よりも遥かに安いときがあって、

そういうものについては、中古の紙の本を買うようにしているので、それを入れ替えるのが重たくて疲れました。

 

 

で、そんなことをやっているうちに、ふと思い出したことがあります。

 

 

僕がものすごく衝撃を受けた話です。

 

 

ちなみに、このブログに現在2名ほどコメントをつけてくれた方がいて、

それで知ったのですが、某スクールの生徒の一部の方が読んでくれているみたいですね。

 

なので、その生徒さんたちなら分かると思うのですが、

あの講師のKさんは、なんと本を読んだらそのままゴミ箱に捨てるらしいです笑

 

 

もうずいぶん前に聞いた話なので、詳細は忘れたのですが、

家の中に本が溜まってごちゃごちゃするのが嫌なんですって。

 

あ、それと、古くて必要のないものは徹底的に断舎離することが大切で、

そうやって処分していくことで新しい本を買って勉強する気になれる…みたいなことを仰っていました。

 

(その話を聞いたときの時点で)この前も、新幹線で移動するとき、

マンガの「刃牙」を数冊買って、降りるときにそのままゴミ箱に捨てた…とか。。。

 

 

で、この話を聞いたとき、まさかこの世界にそんなことする人がいるとは思わないから、

僕はすごく衝撃を受けたし、あまりに面白すぎてめちゃくちゃ笑ってしまいました。

 

Kさんは、「え?そんなに変なことかな…?」って反応だったのですが、世間的な常識で考えたら明らかに変ですよね^^;

 

 

でも、よくよく考えてみれば、本って確かに一度読んだら、なかなか読み返すことなんてないですよね。

それに、「読んだら捨てる」って決めたら、自然に必死で覚えようとして読むようになるので、結果的に定着率も上がるでしょうし…。

 

だから、それを考えれば意外と合理的な面もたくさんあるな~なんて思った記憶があります。

 

 

ただ、僕にはそれを真似するだけの覚悟は持てなくて、

昨日の模様替えのときも、一度読んだっきりの本や、積ん読になったままの本や、中には同じ本を2冊買ってしまっていたり…で、

結局、運ぶのが大変で、筋トレのために本を買っているような状態の自分に、少し呆れていました^^;

 

 

それにしても、ものすごくお金を稼いでいる人って、全くもって価値観が違いますよね。

 

ただ、ビジネスの知識を教わろうとして、ビジネスの会話をしているときは、意外とその価値観の違いに気付けないものなのです。

 

 

というのも、自分に知識がなくて、自分の意見がないことだから、相手の意見を自分の意見と比較することなんてできないわけで、

その結果として、「へえ~なるほど。。。」くらいの学びにしかなりません。

 

 

でも、何気ない日常の雑談とか、お互いによく知っていることについて話すと、

自分の意見と相手の意見が比較できるので、

価値観の違いが際立つし、結果として今回のように「何だそれ!」みたいな衝撃を受けて、遥かに質の高い学びになるんですよね。

 

 

だから、もし学びを得たい人がいて、その人の専門知識だけじゃなく、思考回路や価値観の部分まで真似したいのであれば、

専門知識について会話するよりも、雑談したほうがよっぽど勉強になるんじゃないかなーって思いました。

 

 

とにかく、その方にはいろいろお世話になっているので、自分も何かできることがあればいいのですが、

自分程度のレベルでは、そんな大したことも出来るわけがなく、まずは目の前のことをこなして成長していきたいと思います。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください