Youtuberを観察していて思ったこと



 

ここ数日、体調を崩したこともあって、家でダラダラYoutubeを見ていました。

 

そこで気づいたことがあるのですが、やっぱり、チャンネル登録者数の多い、いわゆる”成功している”Youtuberは、楽しんでやっているのが観てる側にも伝わってくるな~ってことです。

 

動画を作るのなんて、企画から撮影から編集まで、本当にいろいろ大変だろうけど、それを楽しんでいるかんじが、なんとなく伝わってくるんですよね。

本当に動画作るの好きなんだろうな~って。

 

 

きっと人間は、そうやって楽しんで生きている人のことが好きなんでしょうね。

だからこそ、チャンネル登録者がたくさん集まっているんじゃないかって思ったわけです。

 

あるいは、好きなことを貫いて生きてる人間に憧れを感じるのかもしれません。

世の中、自分に正直に生きられる人のほうが少ないでしょうからね^^;

 

 

とにかく、動画そのものの質というよりは、別の部分に魅せられて僕らはYoutuberの動画を再生しているように思えるんです。

 

正直言うと、個人で作る動画なんて、クオリティとしては高いと思いません。

やっぱりテレビのほうが、お金もかかっているし、いろいろと凝ってるし。

 

それでも何故か、テレビよりもYoutubeのほうが面白いと感じてしまう…。

この違いは何なんでしょうね。

 

 

大の大人がバカなことやってるとか、仲間と一緒に騒いでるとか、そういう青春の延長みたいなものとか、

自分の関心のあること、好きなことをひたすら突き詰めていく姿とか、

 

そういう空気感・世界観・ブランドみたいなものに惹かれて動画を再生してるんじゃないかな~って、考えるわけなんですが、、。

まあ、あまりうまく言語化出来ていません。

 

 

それでも、この謎を解明できれば、人を集める・人を動かすための仕組みが理解できそうな気がします。

 

 

おそらく、僕らっていうのは、商品や何かのコンテンツそのものよりも、外側にある文脈に価値を感じるようにできているんだと思うのですが、…。

 

なにか分かったらまた記事にしようと思います。とりあえず今日はここまで^^;





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください