過去の後悔・将来への不安をなくす唯一の方法



かなり大げさなタイトルをつけてしまいましたが、本当にこれしかないと思ってます。まあほとんど自分に対するメッセージですね^^;

 

後悔とか不安とかがない人なんていないと思います。僕なんか特に将来のことでしょっちゅう悩んでますね。学生なので例えば、「ちゃんと卒業できるんだろうか…」とか「就職できるのかなあ…」とか「ちゃんと仕事続けていけるのかなあ…」みたいな感じです。こんなふうに悩みはひとつづつ挙げていけばきりがありません。

 

でも最近は自分が悩んでるなあって感じたらすぐにこの本を読むようにしてます。

写真 2016-08-04 8 04 50

D・カーネギーの「道は開ける」です。

 

この本は結構有名で知ってる人が多いと思いますが、内容を紹介すると基本的にどうやって悩みに対処するかについて詳しく書かれた本です。人間関係について書かれた「人を動かす」とセットになってよく売られてますね。「人を動かす」のほうが有名かもしれません。

 

で、過去を後悔していたり将来が不安だっていう人に対して著者は「今日一日の区切りで生きなさい」と書いています。これはつまり、過去のことや将来のことで思い悩んでも今できることは限られているわけで、一番大切なのは今日できる仕事を今日中に仕上げることなんだよってことが言いたいわけです。

 

この話を聞くと「そんなことわかってるよ!」って言いたくなるかもしれませんが、大切なのはここからです。

 

悩みが習慣になってしまっている

もちろん悩みというものはなくせませんが、必要以上に悩んでる人は悩むことが習慣になっているんだと思います。

 

悩むことが習慣というと変に聞こえるかもしれませんが、考え方にも習慣というものは確かに存在します。毎日歯を磨いてお風呂に入ることが習慣になっているように、悩むという行為自体が習慣になっているんですよね。僕がまさにそれです。

 

習慣は非常に強力です。なんせ人間の1日の行動の8割以上は習慣によるものだといわれているくらいですから。でも習慣は時間と手間さえかければ確実に取り除くことができます。

 

何度も繰り返して読むことで考え方を無意識のレベルに落としこむ

ここからが過去の後悔・将来への不安をなくすための具体的な行動になるんですが、まず自分がいま悩んでるなあって感じたらすぐに「道は開ける」の気になった部分を読むようにしてください。どうしようもないことで自分が悩んでいることに気づくはずです。

 

ここで勘違いしないでほしいのですが、悩むことが無駄なことだというわけじゃありません。僕が言いたいのは必要以上に悩むことでエネルギーを消耗する必要はないということです。例えば「明日のテストでいい点が取れるかなあ?」って悩んだところで今日できることは明日のテストに備えて勉強することだけですよね?

つまり「明日のテストでいい点数を取るために今どんな勉強をするべきか?」ということについて悩むべきであって「明日のテストでいい点数を取れるかなあ?」という悩みには意味がないということです。

 

こういったことは理屈ではわかるんですが、悩みが習慣になってしまっている人の場合、しばらく時間がたつとまた同じことで悩んでいるということが頻繁にあります。だからこそ何度も何度も同じ本を読み返して無意味なことで悩まないトレーニングを繰り返す必要があるのです。

 

人間の思考習慣を変えるにはおよそ6ヶ月かかるといわれています。6ヶ月と聞くとかなり大変に聞こえるかもしれませんが、悩んでると感じたら本を開いて少し読むだけなのでそれほど大変なことじゃありません。ちょっとの手間で後悔とか不安とか、意味のないことに費やすエネルギーを減らせるので気長に頑張るようにしましょう。

 

ちなみに「道は開ける」を読むように書いてますが、過去の後悔とか将来の不安とか自分が悩んでいることを解消できるものであれば何でもいいです。本でなくてもオーディオブックとか音声とかでも大丈夫です。

 

自分を変えるための読書は何度も繰り返さなければ意味がない

自己啓発の本やお悩み解決の本はたくさんありますが、正直言ってどの本も書かれていることに大差はないと思ってます。説明の仕方や言葉の使い方が違うだけでどの本も同じことを言っているにすぎません。

 

それなのになぜ、根本では同じ内容の本が毎年たくさん出版されているのでしょうか?

 

それは結局、みんな本を読んだだけで実行しないからですよね^^;

 

ダイエットと同じことです。あれだけテレビや書店で新しいダイエットの方法が紹介されているのは、それはノウハウだけで満足する人がいて実行してないからです。

 

最初は「絶対に痩せてやる!」と固く決心しても時間がたつにつれて「仕事が忙しいから今日は休もう…」とか言い出して数日後にはダイエットのことなんか頭から飛んで行ってる人が大半でしょう。

 

これはそもそも価値観が変わっていないのが問題なんです。「太っているなんて考えられない!」っていう価値観(太ってる人がいたらごめんなさい)が根付いていれば人は勝手にダイエットし始めるでしょう。そして価値観を変えるためには何度も何度も同じ考え方を頭の中に取り込む必要があるんです。

 

知識を仕入れるだけの読書であれば少しメモを取って復習するくらいで十分ですが(それでも復習は必要なんです)、自分の行動や人生を変える本は何度も繰り返さないと絶対に身に付きません。

 

あなたは過去の後悔や将来への不安をなくすために、もっと手軽で簡単で明日にでも自分が変われるようなノウハウをいつまでも探し続けてはいませんか?

手軽で簡単ですぐに結果がでるような方法は探し続けても無駄です。すでにいくらかの本を読んで調べたのであれば、もうあなたが知ってる以上のいい方法なんて見つからにでしょう。

なんども繰り返して復習することで自分の価値観を変化させ、実行すること以外に後悔・不安・悩みをなくす方法は存在しないです。そしてこれを読んだらすぐに行動に移してください。そうすれば無駄な悩みにとらわれない、主体的で生産的な人生を送ることが必ずできるようになります。

 

…ということで以上のことは全部自分への言葉です^^;参考になる人がいれば参考にしてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください