成長は指数関数的に起こる



最近ブロガーさんのPV数についての記事や
アフィリエイターさんの成果報告の記事を見ていて思ったことがあります。

それは
「成長は指数関数的に起こる」
ということです。

 

指数関数というのは高校のときに数学でやるアレです。

わからない人のために簡単に説明しますと、
「最初は横ばいが続いて最後は一気に上昇する」
というのが指数関数です。

富士山の稜線みたいな形だと思ってください。

 

img_421614_8140289_5

 

ブロガーさんのPV数も、
ある程度の質をもって毎日投稿している人に限って言えば、
「最初は横ばい、あるところで一気に爆発」しています。

アフィリエイターさんでも同じです。

継続しているとある時期になって突然爆発が起こってる人が多いように感じます。

 

そこで僕は、
「指数関数的に成果が上がるっていうのは何についても言える話なんじゃないかなあ」
って思ったわけです。

これじゃあ意味わかんないと思うのでいくつか具体例を出します。

 

◆テクノロジーの進歩が指数関数的に起こる:収穫加速の法則

 

指数関数的に成果が上がることの一つの例がテクノロジーの進歩です。

レイ・カーツワイルさんが提唱する「収穫加速の法則」というものがあって、
これも簡単に言えばテクノロジーの進歩が指数関数的に起こるということを言ってます。

 

コンピュータを例に見てみましょう。

ICチップの中のトランジスタの個数は1.5年で2倍になっています。

これはつまり、コンピュータの賢さが1.5年で2倍になっていると考えてもらって構いません。
(必ずしもそうとは限らないのですが…)

 

これを具体的に計算すると、

・2年後には2.52倍
・5年後には10.08倍
・10年後には101.6倍
・20年後には10321.3倍

となるので、コンピュータが指数関数的に賢くなっていることが分かると思います。

 

◆受験でも成績は指数関数的に伸びる

 

受験勉強でも同じことが言えて、
正しい勉強法をすると成績は「指数関数的に」伸びます。

 

「勉強したらした分だけ成績は伸びていく」
と思っている人が多いんですがこれは間違っています。

なぜなら勉強して成績が伸びるのは、
基礎が完璧に身についている人だけだからです。

 

基礎が身につくまではいくら勉強しても結果はついてきません。

その代わり基礎が身に付きさえすれば、

勉強する→成績が上がる→楽しくなる
→さらに勉強する→さらに成績が上がる→さらに楽しくなる
→(以下繰り返し)

というふうにいいループに入るので爆発的に成績が伸びていくんですよね。

実際、僕も含めて合格する人には指数関数的に成績が伸びてる人が多いです。

 

◆成果が出るまでは地道な作業が続く

 

テクノロジーなど色んな例を挙げましたが今回1番言いたいことは、

「結果が出るまでは諦めずにコツコツ継続する必要がある」

ということです。

 

繰り返しになりますが指数関数っていうのは
「最初は横ばいが続いて最後は一気に上昇する」ものです。

成果を得るために最初は、
「本当に結果が出るのだろうか…」という不安に耐えながら、
毎日地道な作業を継続する必要があるんですよね。

 

わからないものを信じながら作業するのって結構つらいです。

受験勉強ってちゃんとやれば誰でも成果が出るのに、
諦めてしまう理由はそこにあるんですよね。

最初は勉強しても結果がついてこないからみんな投げ出してしまうんです。

 

多分ブログでもアフィリエイトでも同じことだと思います。

人気ブロガーさんとかものすごい稼いでるアフィリエイターさんも
みんな最初は全く結果がついてこない状態からスタートしたと思うんですよね。

結果を気にせず毎日コツコツ継続できた人だけが大きな成果を得られるんだと思います。

 

◆まとめ

 

・成長は指数関数的に起こる

・何事も最初は頑張ってもなかなか成果は見えづらいが、
頑張って継続すれば必ず大きな成果が得られるようになる





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください